NMR担当

研究テーマ

核磁気共鳴スペクトルを利用した機能性分子の構造解析

所属学会

日本化学会 日本核磁気共鳴学会

居場所

筑紫地区 先導研南棟110号室(研究支援センター) NMR棟TEL     092-583-7556 (NMR棟) TEL&FAX 092-583-8898 (研究支援センター)

工学士(1994.3)

略歴

1971.09 出生 1994.03 九州大学工学部応用化学科卒業 1994.04 九州工業大学情報工学部生物化学システム工学科技官 2001.10 九州大学機能物質科学研究所技官 2003.04 九州大学先導物質化学研究所技官 2004.04 国立大学法人 九州大学先導物質化学研究所 研究支援センター技術員

2005.04 技術専門職員

現在に至る

資格

1993.09 国家公務員試験II種(化学)合格 1995.05 第一種 放射線取扱主任者免状取得 1999.12 初級システムアドミニストレータ 2001.05 基本情報技術者 2003.01 エックス線作業主任者 2004.07 ハングル検定3級 合格 2007.03 第一種 作業環境測定士(有機溶剤・特定化学物質)登録

研修歴

1998.03 平成9年度九州大学教室系技術職員研修(専門研修)修了(九工大より参加)

2001.03 第5回九州工業大学情報工学部技術職員研修 口頭発表 「放射線を知っていますか?」 実験指導「身近な放射線を測定してみよう」

2003.03 平成14年度九州大学教室系技術職員研修(専門研修)修了 ポスター発表「いろいろなNMR測定法」

2004.02 日本電子データム(株) NMR講習(ECA基本講習)受講 2005.03 平成16年度九州大学教室系技術職員研修修了

2005.09 平成17年度九州地区国立大学法人等技術専門職員研修修了

論文等

Shibahara, Masahiko; Watanabe, Motonori; Iwanaga, Tetsuo; Ideta, Keiko; Shinmyozu, Teruo. Synthesis, Structure, and Transannular pp Interaction of Multilayered [3.3]Metacyclophanes. Journal of Organic Chemistry

Shimasaki, Toshiaki; Kato, Shin-Ichiro; Ideta, Keiko; Goto, Kenta; Shinmyozu, Teruo. Synthesis and Structural and Photoswitchable Properties of Novel Chiral Host Molecules: Axis Chiral 2,2′-Dihydroxy-1,1′-binaphthyl-Appended stiff-Stilbene. Journal of Organic Chemistry (2007), 72(4), 1073-1087.

Tanaka, Masahiro; Haino, Takeharu; Ideta, Keiko; Kubo, Kanji; Mori, Akira; Fukazawa, Yoshimasa. Combinatorial synthesis of isoxazole library and their liquid crystalline properties. Tetrahedron (2006), Volume Date 2007, 63(3), 652-665.

Takahashi, Hajime; Kubo, Kanji; Takechi, Haruko; Matsumoto, Taisuke; Ideta, Keiko. Crystal structure and emission properties of 4,4′-dimethoxy-2,2′-dihydroxybenzalazine. Journal of Oleo Science (2006), 55(9), 483-486.

Kato, Shin-ichiro; Matsumoto, Taisuke; Ideta, Keiko; Shimasaki, Toshiaki; Goto, Kenta; Shinmyozu, Teruo. Supramolecular Assemblies and Redox Modulation of Pyromellitic Diimide-Based Cyclophane via Noncovalent Interactions with Naphthol. Journal of Organic Chemistry (2006), 71(13)

Thiemann, Thies; Tanaka, Yasuko; Ideta, Keiko; Mataka, Shuntaro. Solvent reduced Wittig olefination reactions with halo containing conjugated phosphoranes. Central European Journal of Chemistry (2006), 4(3), 403-427.

科学研究費補助金  2006年度基盤研究(B) 研究代表者 新名主 輝男

過去の論文等

その他の発表など

2006年度 JEOLユーザーズミーティング講演 「試してみたくなるプチNMR測定」 2006.1.19

センターニュース Vol.24, No.3, 2005 分析機器解説シリーズ(89) 新しい核磁気共鳴装置の利用について 九州大学中央分析センター

研究支援センター年報 No.1、 2004 管理機器を利用した研究紹介  九州大学先導物質化学研究所研究支援センター

研究支援センターへの技術相談事例:多核NMR  平成16年度 機器・分析技術研究会

Isotope News 2002年 2月号 九州支部だより 街かど研究室―放射能ってどこにある―印象記

Isotope News 1996年 新しいメディアを使った放射線管理  ー新人編ー